FXハイレバトレード記録

海外FX業者のすすめ ( XM TRADING )

20170828-0901雇用統計ドル円5

FXをこれから始めようとしている方、また、すでに始めておりトレードにも慣れつつあって、自分なりのトレード手法が見えて来ている方、そういった方々がトレードにお使いになっているのは、GMOクリック証券やYJFX!、DMMFXなど最大レバレッジ25倍の国内FX業者だと思います。

 

個人の好みにもよりますが、各FX業者のプラットフォームは総じて使いやすいと思います。iPhoneやandroidスマホでのトレードアプリの操作性も良く、ラインを引いた分析が可能でインジケーターも各種使えます。

 

ただFXを始めようとしている方、始めたばかりの方は証拠金が少ないケースがほとんどですし、そもそものFXを始めた動機は、『稼ぎたいから』ではないでしょうか。

 

『稼ぎたい』その気持ちが根底にある上、証拠金がまだ少ないために、自分なりに見つけた勝ちパターンでコツコツ利益を出しているものの、25倍のレバレッジで稼いだ絶対額に対して満足出来ず、『稼ぎたい』という気持ちが焦りになってしまってドカンとやられてしまう。

 

コツコツドカン⇒口座へ入金⇒コツコツドカン⇒口座へ入金⇒コツコツ・・・

 

これは初心者の方がおちいる、資金が目減りして行く一つのパターンだと思います。


20170828-0901雇用統計ドル円5

 

1トレード1万円

稼ぐ絶対額の目安として、やっぱり1回の勝ちトレードで1万円は得たいですよね?普段の生活感覚において1万円あれば、「今日は外食しようかな」とか贅沢をしようという気になりますよね。
トレードで1万円を得てその感覚を手にすることが出来れば、モチベーションにつながりますし、トレード技術の向上にも気が向いて勉強や検証をすることが出来、良い意味で相場から離れる時間を作ることにもなります。

 

 

では、1トレード1万円を得るために必要な通貨量はどれほどでしょうか?100pipsなんてそうそう頻繁に取れるものではないので、20pips取ることを目標としてみます。するとそれで1万円を得るためには5万通貨でのトレードが必要となります(1ドル=100円換算)。

 

必要証拠金とロスカット

この場合、逆行して20pipsで損切りした時にも同じく1万円のマイナスが発生します。少し甘い資金管理の考え方ですが、損切りした一回のトレードでの損失の許容量を資金の5%とすると、証拠金は20万円が必要となります。
これを国内FX業者で行おうとすると、最大レバレッジが25倍なので、ギリギリの取引量となります。

 

20万円×25倍=500万円=5万ドル=5万通貨

 

つまり、FX業者の取引ルールにはよりますが、エントリーした時点でロスカットアラートに引っ掛かります。

 

20170828-0901雇用統計ドル円5

 

XM TRADINGは最大レバレッジ888倍

 

要は、レバレッジが不足しているのです。このレバレッジ不足は、トレーダーの皆さんであれば感覚的に分かることだと思います。しかし現状、国内FX業者は個人の最大レバレッジは25倍に定められていますし、法人についてもレバレッジは低くなりつつあります(2017年2月下旬からは100倍程度になりました)。

 

また、2018年には個人口座のレバレッジが10倍程度に押さえられるかもしれません(参考記事⇒FXレバレッジ規制

 

そこで海外FX業者に目を向けると、100倍なんて全然低い方ですし、XM TRADING(以下、XM)なら最大888倍です。しかも、国内FX業者のように追証が発生はせず、ゼロカットと言う、預けた証拠金以上の損失は業者側の負担となる仕組みがあります。

 

XMのウィークポイント(スプレッド)

ハイレバレッジやゼロカットと、良いところばかりを並べるだけではなく、XMでトレードすることのデメリットも考えてみます。
まずはスプレッドです。国内FX業者であるGMOクリック証券(以下、GMO)などは、ドル円のスプレッドを原則0.3銭(pips)固定としています。一方XMではもっと広いです。では、それを仮に2pipsとして、XMとGMOでトレードした場合の期待値を比較してみます。

 

実験トレード

[証拠金20万円、リスク・リワード比=2、ドル円、XM5万通貨トレード、GMO2.5万通貨トレード]
※リスク:リワード=-10pips:+20pipsとする。
※GMOを2.5万通貨としたのは、上記の例のように5万通貨とするとエントリーの瞬間にロスカットアラートに引っ掛かるためです。下記の期待利益に基づく分析結果に影響はありません。

 

@XMでトレードした場合の期待利益
20pips獲得⇒5万通貨×(20-2)pips=9,000円
10pips損失⇒5万通貨×(10+2)pips=6,000円
勝率を50%とすると、期待利益=(9,000-6,000)÷2=1,500円
AGMOでトレードした場合の期待利益
20pips獲得⇒2.5万通貨×(20-0.3)pips=4,925円
10pips損失⇒2.5万通貨×(10+0.3)pips=2,575円
勝率を50%とすると、期待利益=(4,925-2,575)÷2=1,175円

 

このケースだとXMでトレードをした方が期待利益が高く、やはりGMO(国内FX業者)を使う必要はなく、ハイレバのXMを使った方が良いです。

 

ここで勝率50%はどうなの?と思った方がいらっしゃるかもしれません。ただ、個人的には、勝率は50%程度を維持出来る手法を選んだ方がトレードの精神衛生上、良いと思います。

 

 

では、リスク・リワード比がどのあたりまでなら、ハイレバのXMに軍配が上がるのでしょう?

 

上記の仮定の内、リスク・リワード比のみ変更して、『1.8』、具体的にはリスク:リワード=-10pips:+18pipsとして計算してみます。

 

@XMでトレードした場合の期待利益
18pips獲得⇒5万通貨×(18-2)pips=8,000円
10pips損失⇒5万通貨×(10+2)pips=6,000円
勝率を50%とすると、期待利益=(8,000-6,000)÷2=1,000円

 

AGMOでトレードした場合の期待利益
18pips獲得⇒2.5万通貨×(18-0.3)pips=4,425円
10pips損失⇒2.5万通貨×(10+0.3)pips=2,575円
勝率を50%とすると、期待利益=(4,425-2,575)÷2=925円

 

ここでもXMでトレードをした方が期待利益が高くなりました。リスク:リワード比が1.8を切ってくると、この結果が逆転してきます(試しに1.5とかで計算してみて下さい)。

 

ここから導ける結果としては、

 

リスク・リワード比が1.8以上であるならば、 スプレッドが狭くて固定の国内FX業者より、スプレッドが広がってもXMでトレードをした方が合理的であるということです。

 

XMのウィークポイント(信託保全)

もう一つ気になることと言えば、国内FX業者のほとんどにおいて顧客の証拠金は信託保全されているのに、XMではされていないことです。
(規制は厳しくないが)セーシェル金融庁による認可があり、英国バークレイズ銀行において分別管理はされているので、会社の保有資産と顧客から預かっている証拠金が一体に扱われてしまうことはありません。が、信託保全とは異なり、万が一の場合は、顧客から預かっている証拠金が、会社の債権者への支払いに流用されてしまうことは考えられます。

 

但し、顧客資産の保証についてはAIGの保険に加入しており、100万ドルまでは補償されるらしいです。

 

スイスフランショックの際の対応

では、万が一の場合とは具体的には何を指すのか?それはリーマンショックやテロのようなブラックスワン的なイベントが起き、会社の存続が危ぶまれる時です。そういった時、XMは事実としてどうだったのか。

 

例えば2015年1月15日のスイスフランショックの際、XMはどうだったのかということを見れば良いはずです。
この時のスイスフランの急騰を受け、AlpariUKは破綻してしまい、FXCMはその後、楽天証券に買収されてしまいました。また、国内FX業者においては追証を顧客に請求するなどしていましたが、XMはゼロカットを実行し、顧客に過大な損失(追証)を発生させることはしていませんでした。

 

つまり、信託保全ではないが、実績としてはそれなりに信用に足る業者という評価が下せます。

 

XMでのトレードのまとめ

以上のことから、XMでトレードをした方が良いと思われる方は、下記のようになります。

 

・トレーダー歴がまだ浅く自分なりのトレード手法を発見しつつあるが、証拠金が少ないため稼げる絶対額から満足を得られない方
・リスク・リワード比が1.8以上のトレード手法を持っている方

 

また、XMは口座開設ボーナス(入金不要、口座開設のみで3,000円獲得)、入金ボーナスがあるので、

 

・ノーリスクで海外FX業者を試してみたい方

 

XMのサイトをご覧になれば分かると思いますが、サイトは日本語で読めますし日本人のサポートもいます。入金についても銀行間送金、クレジットカードが使えるので、トレードを開始するまでの手間は国内FX業者とほぼ変わりません。
XMでトレードをしてみようという方はこちらのリンクよりよりどうぞ

 

FX口座はココを使っています


【 XM TRADING 】

紹介記事はコチラ⇒ 海外FX業者のすすめ ( XM TRADING )

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願い致します。




関連ページ

口座開設方法 ( XM TRADING )
専業トレーダーを目指すyoshifXによるデモトレード記録とメモ。しかしそれがリアル。いずれにせよハイレバ

FXハイレバトレード記録 FX業者 FX雑記